FC2ブログ





独自ドメインのブログへ引っ越しました!!

     → http://buebue.jp


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女医の結婚 (3) ? 障害は妊娠・出産の時期… ? 

さて、

女医の結婚を難しくするもの。

二つ目は、

妊娠・出産 を視野にいれた場合です。

もちろん、前回 (2) の 年齢 にもカブりますけどね。




学年 (100人前後) に1人くらいはデキ婚で学生結婚 (男女問わず)
する人いました。

でも、男の子ならまだしも、女の子でデキ婚はツライです。

医者になるためには、

ポリクリ (5,6 年生ころ1年間くらいかけて行う病院実習)
医学部の卒業 (卒業試験が難しい)
国家試験 (1年間勉強しまくり)

があり、授業の出席も厳しい ですから、

妊娠・出産をこの時期こなすのは不可能に近いです。
でも、休学したり、留年したり、
大学と相談しながらやるしかないですね…

(でも、なんとか頑張って産んだとして、
国試も受かったとしても、
2年間の臨床研修 (必修) があるからね…
問題山積み…)



だからといって、
自分の生活(時間的、経済的)や、
キャリアが落ち着いてから (→ 次回)
 
出産を…

なーんて思ってると、
あっという間に30過ぎます。

30ならまだいいですけど…

形成外科に限って言えば、
専門医 というのがあり、
最短で、7年目 に受験できます。

形成外科医ならば、とっておきたい資格です。
これが取れると、やっと一人前感があります。

が、コレを待つと出産年齢的にはエライことになる…


じゃあその間に (専修医の間に・休んで) 産めば?

って思うかもしれません。

それが出来たら悩まないんですけどねぇ…


…ここらへんのことは、次回書かせていただきます。




ひとついえることは、

女医のバアイ、




妊娠・出産適齢期が
モロにキャリア期にダブる




むしろ、
過去・現在・未来
私を最も悩ませている問題かもしれません!!


…こんなことなら、学生の時産んでた方がよかったのでは
なーんて思ったりもね…




最近、医局内の先輩女医さん (専門医前の先生) が
妊娠されました。

(もちろん、結婚はされています)

…やはり、同科の部長に妊娠の事実を伝えるのは
相当のストレスだったそうです。

(専門医とるまでは妊娠するなよ?!
くらい言われていたそうです)

女医であれば、いつかは起こりうることですが、
マイナー科で 2,3人体制でまわしている場合には、
戦力に多大な影響があるというのがホンネだと思います。

実際、つわりの時期には、手術はもとより、
外来だってつらいことがあるでしょうし、
当直・オンコール (夜中に容赦なく電話・呼び出しがある) などは
胎育にいいわけありません!!

その女医さんは、さすがに当直は免除になったようですが、
オンコールは、臨月までやむをえずやっていた ようです…

ヒドイと思いませんか…?

例えば、ある病院で形成外科2人体制だったとします。
オンコールは毎日、どちらかがあてがわれます。

極端な話、一人が妊娠でオンコールできませんって言ったら、
もう一人が365日拘束日になってしまう…

じゃあ、もう一人、出向を増やせば?
って思いますが、医局に人が足りなかったり、
病院にとっても、医者枠の定員がありますから、
実際はそんなにうまくいきませんよね。




そんなわけで、
少子化に貢献しむしろ賞賛に値することなのに
女医さんの妊娠はとても 肩身がせまい んです…


まだまだ、男性中心の職場 なんです。。


ついでにいうと、
産休なんてもらえません。


ギリギリまで働いて、
普通ならそろそろ産休 (産前・産後休) 入りますっていう時期に
ポストの穴を埋めるべく、次のドクターと交代になります。
そうなると、妊婦さんは 退職せざるを得ない ので、
出産手当金などはもらえない ことが多いでしょうね。。

(※ うまくすればもらえる方法もあるみたいですが…)


もともと働いていた病院で産休に入れて、
それなりの所得手当もあって、
体調や子育てに問題なければ、
産後にすぐ復職というのも可能でしょうが。

でも、産後すぐに引っ越しして (転勤して) 新しい病院に勤める
っていうのは、どーかんがえても 非現実的でムリ!! でしょう。



こんな環境なので、
多くの女医さんは
(私のまわりのことに限っていてすみません、
実際にはもうちょっと違うこともあると思いますが)
復職するタイミングも難しいし、
外科医の場合には、
手術のカンなど、 ブランク を背負うことにもなりかねません。。
(夏休み明けで、手術することすら怖いもん)




それでも、がんばって出産、子育てしながら仕事を続けてる
女医さんもたくさんいるので、
ホントにすごいな?って思いますね。





で、結局のところ、自分なりに思うのは、

デキたら、

例え一部の人に煙たがられようとも

(よくあります!! 医局とか、ヒドいもんです!! 今度書きます!!)

生むのが正解だと思う!!

悩んでても仕方ない。
授かったタイミングが、生むタイミングだってことです。






今日のまとめ?;
女医の結婚の障害 → 妊娠・出産適齢期がモロにキャリア期にダブる…

>>> 女医の結婚 (4) へつづく?
(更新不定期)

応援のポチポチおねがいします

FC2ブログランキング
banner2.gif

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。