独自ドメインのブログへ引っ越しました!!

     → http://buebue.jp


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SATC 

おとといはさすがに疲れました…


数時間運転して、隣県に行き、
8時間の仕事のあと、
なぜか見ず知らずの豊川のシネマコンプレックスで
レイトショー観てきました。

…ホントは、六本木あたりで観たい映画だけどぉ…( ̄Д ̄;)


(実は、土日のムリがたたって
昨日は発熱し、帰宅するなり死んでました…)



 △



さて、巷でも話題の SATC。

SEX AND THE CITY、略して SATC。

SATC


Year after year,
twenty-something women come to New York City
in search of the two "L" s :
Labels and love.



20代の女性が大勢NYにやってくる。
お目当ては2つの "L" 。ブランドと愛だ。。。






映画の冒頭部分です。


この Lebels は、肩書きともとれます。
キャリアを積んで、満足のいく肩書きを手に入れた
30代、40代の女性たちの生き方を描いたこのSATC。


私、去年くらいに TV版の DVD をまとめて観たんです。


欧米では、成熟した女性 がこそが尊重されますが、
(フランスでいう マダム>マドモアゼル )
日本はまだ、"若い" ことがブランド だと思われている。

そんなせいもあってか、女性が30歳になる時って、
とてつもなく 憂鬱感・不安感 があると思いませんか?


私も例外なくそのひとりでした。。


少なからずプライベートを犠牲にした20代…
仕事も駆け出しで、プライベートも理想とはほど遠く…


歳だけとっていくのかと…


そんなタイムリーな時期に観たこのドラマ。


彼女たちは、30代(40代?)シングルだけど、仕事は一流
自分で勝ち得た経済力 で誰にも文句言われず
ハイクオリティなファッション を!!
そしてそんな魅力的な彼女たちをとりまく恋愛も魅力的なのは
当然のこと!!



オトナな女性でなければできません!!



他力本願も (玉の輿、親のスネ) ひとつの選択肢かもしれないけど



私はやっぱり、
こうでなくっちゃ (自力で勝ち取る!!)
                     ってね。



おかげで、30越えもすんなり受け入れられ、
むしろ、年齢を重ねるのが楽しくなった 今日この頃です




SATC4




今回の映画版のみどころは、(ネタバレしないです)


  オンナの友情
  ヴィヴィアンのウェディングドレス


かな。

ある事件をきっかけに、
傷心ズタズタのキャリー(主人公、サラ・ジェシカパーカー)を
他の3人がメキシコ旅行に連れ出すシーンがあったんですけど。
オンナの友情っていいなって思いました。
(しかも、経済力・行動力あるとそのパワーは無限大)

大親友と (以前ブログに書いた) 年1~2回くらいしか会えない
この環境を恨めしく思ってしまいました…


あと、映画版というだけあって (予算の面で?)
ファッションがより一層ゴージャスでした。
ヴィヴィアン、ザック・ポーゼン、ランバン、バレンシアガ…
素敵なドレスがいっぱいでした


サマンサ
余談ですが、
4人の中で最年長のサマンサ (キム・キャトラル) は
撮影中に50歳になった!!
らしいんですが、
相変わらずの美貌と
ぶっとんだキャラクターが最高でした。
ついでに言うと、
彼女、25歳年下の彼に猛アタックを受け、
ラブラブらしいです!!
エイジレスな魅力っていいですね?。
サマンサ姉さん、最高です




よくね、ちゃんと見てない男性は、このドラマを 
あけすけなセックス・トークのドラマ だとカンチガイしている。


でも、実は友情の話なんです。
そして、現代の女性の生き方。
何を考えてるか。



女性が理解できないって思ってる男性、
まずは見てみたらいかがでしょうか?







TV ドラマシリーズ、シーズン1~6までおさらいしたい人はコチラ♪ 
9/26発売。
価格.comでの最安値より安かったよ。
ぶぇぶぇも予約しちゃいました?(≧▽≦)♪

一度レンタルで観たんだけど。
もっかい観たくなっちゃって…(^^;)


DVD SEX and the CITY セックス・アンド・ザ・シティ エッセンシャルコレクションBOX 【初回限...





めざせぶぇぶぇSATC?!
応援のポチポチお願いします(*_ _)
おかげさまで、医学ランキング初の4位

FC2ブログランキング
banner2.gif


スポンサーサイト

Comments

あのドラマ、うちの母も好きでよく観てましたね。何歳になってもあんなふうに遠慮なく何でも話せる友達がいるというのはいいものですね。それぞれみんな年も重ねて社会的立場もある女性が若さを失わず茶目っ気たっぷりに振る舞っているのも魅力的ですよね。まあみんな独身で子供はいないようですがね。子供を産んで育てながらも仕事ではキャリアを極め、自分の人生も楽しんでいるのがやっぱり理想的ですが…
でも、本当にあんな風に美しく魅力的に歳を取れるのは素晴らしいですよ。外見だけでなく中身もね。それにはいい仕事をして世の中から認められるのはもちろん、いい友達と余暇を楽しむのも不可欠ですよね。やっぱり何歳になっても気の置けない友達と過ごす時間は最高のリフレッシュでしょう。うちの母も家にいると友達とよく長電話していますし、休みが合えば一緒にショッピングやゴルフをしたり旅行に行ったりもしてますね。それぞれ責任ある立場につき仕事も忙しく、結婚して家庭も持っていてなかなか都合はつけにくいようですがね。でも、一緒に遊ぶのが楽しみで仕事や家事にも意欲的になるし、友達から癒しと活力も得られるんでしょうね。友達も医者、弁護士、大学教授、官僚、会社役員など社会的立場がある人ばかりですが、本当に一緒にいると仕事のことも家庭のことも忘れて一人の女性に戻れるんだそうです。特に親しいのは同じ高校の同級生や先輩後輩が多いこともあってか一緒にいると気分は学生時代に戻ってしまうみたいですね。やっぱり学生時代の友達もいいもんですね。ただ、医学部の場合は大学の友達というと同じ分野の人ばかりで集まるとつい専門的な話になるし、ライバル意識もありますから、結構、中学とか高校時代の友達がよかったりします。分野も様々だからいろんなものの見方に触れられるのでとても面白いし、遠慮がないから。私も中学高校時代の友達はずっと付き合いたい人ばかりだったな。
やはり、肩肘張らなくてもいい友達というのは魅力的ですね。利害関係がない友達というのも必要だと思います。いろんな出会いを大切にしたいものですね。

そうそう女は30からですよ
純粋そうに見える(見えるだけ!)の20代が大好きな男が悪い(-.-”)凸
♫女は飾りじゃないの~~~♫(って歌ありましたよね(^_^;))
半世紀生きちゃいましたが、まだ、間に合うかしら?ってちょっとおもっちゃいました(*^^)v
女磨きしようかな?(≧∇≦)

もうちょっと足を延ばして名古屋駅まで出てきたら「トヨタビル」の中の映画館だとちょっと良かったかも?
私の住んでる地区も映画館ありません(;o;_;)o

匿名さま、ranさん、コメありがとう♪

匿名さま。

そうですね、いくつになっても、友人と過ごす時間は
大切にしたいものですね。


ranさん。
50歳のサマンサは、私たち女性に勇気を与えてくれるなぁ!! (マドンナもだけど)
ですよね?!
女は努力次第でエイジレスですよ!!
お互い、オンナとして頑張りましょう!!
(以前、ranさんのブログで、レギンス姿拝見しました♪
 似合ってましたよ(^^)~♪)

女性は35歳から**!

 毎日ブログ更新ご苦労様です!!!
  
 私、ある程度年齢がイったのか、20代の女性には関心がなくなりまた。

「女性は35歳から**」と言って、新地(大阪の梅田近くの飲み屋さん街)のクラブのママさんや一部のホステスさん、(また家内)に喜ばれてます(?)。

 そう言うお店にお勤めになってる、売れっ子の女性は、お幾つになられても《美》に飽くなき情熱を持って、身も心も鍛錬されておられますね。男としても、ある面見習わないといけないですよね。

 ポチポチしておきました。では、又
  • [2008/09/03 15:26]
  • URL |
  • 元形成外科医現在17年目の救急医
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

元形成外科医現在17年目の救急医さま。

素晴らしい審美眼です、せんせい!!

そーですよね、若いだけならだれだってその時期はあるわけですから。
価値があるのはその先。

ソフィスティケイト、インテリジェンス…
蓄積された魅力ですよね。

男も女も、エイジレスに輝くのは難しい、
だからこそ価値があるって思います。

そうなりたいものです(^^;)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://aicopia.blog120.fc2.com/tb.php/215-007a576a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。