FC2ブログ





独自ドメインのブログへ引っ越しました!!

     → http://buebue.jp


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のコメントより 

昨日いただいたコメント。

> 5年前がん告知を受け会社に戻る帰り道、色んな人が通り過ぎるのを 見ながら、
この人達はまさか自分が今がん告知を受けたばかりだなんて
思いもしないだろうな、なんて思いました。
まさにone of the 不幸な人だった。
でも私がそう思ったように、皆も私を見てそう思ってるかもと思ったら、
意外と見た目楽しそうでも、それぞれ皆がんばって生きてるのかもと思えました。



そーなんですよね。
誰でも、人知れず、何かしら抱えてるものですよね。


私も、順風満帆で女医になったように思われてたりしますが。
実は毎日、ブログに書いてるみたいなことが起こっていたり…

病気のことでいえば、
生まれてこのかた、全身麻酔での手術は数え切れないほど…
でもそーゆーのを表に出さず、生きてるんです。

そーいえば、去年の夏、年にたった一度だけ携帯をoffにできる
貴重ーな夏休みに、治療のため手術をしたんです。
今までの手術で一番つらかった。
食事は毎食ウィダーインゼリーのみ。
腰の骨を採ったので、痛くて歩けたもんじゃないし、
寝返りすらできない。

職場に迷惑をかけないようにと、誰にも告げずに手術。
休みは1週間だったので、抜糸もまだで、足をひきずりながら、
どこに旅行に行ったの?♪?
なんて同僚の質問をはぐらかしながら…
患者の処置をしつつも、どっちが病人だか…(絶対私…)
術後7日目にして当直までしてた…

そして、薄給の大学病院勤務だったので(家賃より安かった)、
経済が底を尽きかかり、術後3日で仕事を入れてしまっていた私…
直前でキャンセルすると、100%のキャンセル料とられるので、
文字通り、這って行ったに近かった。

ちょっとしたわけがあって、自分が医者だという過信もあって、
入院せずに、日帰り全麻。
(普通は絶対こんなことありません。麻酔科の先生が許しません。)
腰椎麻酔(背骨のとこから太い針を刺してそこより下のレベルを麻痺させる)
もしたので、足もやっと立つかくらいの状態で当日帰宅。
もちろんタクシーですが、、
かなり無茶しました…

だれか、こんな私に気付いていたでしょうかね…


で、その術後1週間かつ夏休みの1週間の間に、
私、誕生日だったんです…
大事な誕生日なのに、まさに満身創痍。
さすがにバイトだけは入れませんでしたが、
友人がディズニーランドに連れて行ってくれました
もちろん、歩けるか歩けないかの瀬戸際、
園内の食べ物はゼリーかスープくらいしか食べられないけど、
歩けなくなったら、車椅子を借りようと。
いつもとは違って、乗り物は乗れなかったけど、
忘れられない誕生日でした。

ディズニーランドに来てるひとって、みんな楽しそうだけど、
きっと、いろんな事情、いろんなドラマがあるんだろうな、
って思いましたね。



私は、自分のつらい経験を糧にしたい。
子供のころからこんな経験をした医者は少ないと思う。
それを嘆くんじゃなくて、他に類をみない医者を目指そう。
そう思って医者になりました。

乗り越えるべきものがあるって、大変なことだけど、
それがあるからこそ、深い人間になれるんじゃないかなぁ。
なんで私ばっかり、こんな目にあうんだろう…って、
泣きたくなることも多々あっても、
そんな苦難を乗り越えた人こそ、輝いてるんだと思っています。
だから私は、ちょっとやそっとじゃくじけない。
努力は報われるって信じて疑わない。
私から努力をとったら何も残らないかな(笑)
借金は残るか…

って、笑いをとることも欠かさないぶぇぶぇ

普段、他人には話さないことだから、
こういう場を借りて、お話してみました。
ほんのすこしでも、私の考えが伝わったらって思います。



応援のポチぽちポチ お願いします

   

FC2ブログランキング
banner2.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

Comments

私病気なんです。って看板立てて生活しているわけじゃないし・・・
でも、世の中。そういう人も存在してて(姑がそうで・・・(^_^;))それって周りが引きます。本当に大変な時にやさしくなれません。(おっと・・愚痴でした(^_^;))

息子の友人で医学部に入ってすぐのころ、腕を骨折してて(どうしたの?って聞いたら息子の自転車から落とされたと・・・息子は勝手に落ちたと・・・)その時「お医者様になるのなら人の痛みを感じるのにいい経験だからねぇ~」なんて話したこと思い出したわ
人の痛みって簡単な言葉だけど経験なければ本当の意味で分からないと思うのです
ぶぇぶぇさんは人生そんなに長くないのに大変な経験をされて絶対いい先生に成長されると確信できますね(*^^)v

大学病院の先生のお給料では生活できない。ってのは聞いていたけどそれほどまでとは・・・
「医者の不養生」といいます
ディズニーランドの急務医になって楽しんでくださいまし(^_-)-☆

おっとと・・・長くなりました

えらく同感。

はじめまして。
先生のこの記事、本当に本当にそう思います。
かくいう私も、いっぱい壁にぶち当たって今を生きているので。。
なんで私だけ病気になって辛い思いしなきゃならないの?って何度も思いました。
いっぱい泣いたし、悔しい思いもした。
でも、だからこそ、私にしかできない事が今あるんだと思っています!

コメントありがとうございます。

ranさん。
 
いつもあたたかい応援ありがとうございます。
私のなかではranさんも輝いてるひとりです(^^)☆


きゅうちゃんさん。

はじめまして。
バイオリニストなんですねぇ。
素敵な職業だわ☆
実は私は、学生の頃チェロをやっていました。
そう、そーいう挫折や困難を乗り越えた経験って
仕事の内容、作品など、表現するもの全てに影響しますよね。
だからこそ、深みのある人間になれるんでしょうね。
お互い頑張りましょうね。

Reコメがここに・・・

こんにちは。
昨日はお邪魔してなかったので、今みてびっくりしました。

去年の夏全麻で手術してたんですね。
私も局麻で再建手術してました。
やっぱり皆休める時期を狙うと、そこしかないですよね!

患者の経験のあるお医者さんは素晴らしいです。
何だかんだ言っても経験に勝る説得力はないでしょ!!

ぶぇぶぇ先生、それは先生の宝ですから。(^o^)

ガーネットさん

 コメントお借りしちゃいました。
でもこの日は、ガーネットさんのコメントが心に響いたんです。
なので…(^^;)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://aicopia.blog120.fc2.com/tb.php/76-53c2db8f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。