FC2ブログ





独自ドメインのブログへ引っ越しました!!

     → http://buebue.jp


スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

休養宣言 

昨日はホントにでした。

涙目になりながら当直病院に向かった時…

いつもいつも
楽しいことがあとからあとから浮かんでくる
ぶぇぶぇ。

いままで、どんなことがあっても、
死にたいとか、死んでもいいとか、
一度も考えたことのなかったぶぇぶぇ。

そういう思いを抱く人のキモチが全くわからなかった。

そんな私が、

「こんなに疲れるんだったら、死んだ方が楽なのかな…」

って、ふと思ってしまった自分が悲しかった。
何のためにこんなに、
自らのからだを蝕んでいるのかなぁって。

過労は怖い、、って思いました。
健康な心をいとも簡単に蝕むんですね…

鶴が自分の羽を毟って機織り機にかけている。

そんなイメージが自分に重なりました。。。


私が ワーカホリック なのには理由があります。

大学の学費(数千万)を早く返したかったんです。

卒業大学が特殊なため、いろいろ制限があって、
子供の頃からの夢だった、
「形成外科医になる」ことが難しく、
やむを得ず、臨床研修修了と同時に、
他大学の医局に入局することにしました。
困難は覚悟していました。
でも、一生の夢は諦めきれませんでした。

数千万を大学に一括返済せねばならず、
銀行に借りようと試みましたが、
開業するわけでもない医者に、
数千万をポンと貸してくれるところはありませんでした。

この大学との契約では、
たとえ本人が死んでも、
過労死や業務上の死である以外は、
死んでも 返済義務が残ります。

入学時に契約したとおり、
保証人2人に、返済義務が生じます。
私の場合は、父と叔父です。
二人とも医師ですが、
世間が思うほどのお給料はもらっていないでしょう。
私たち家族は、父のおかげで、
確かに、不自由なく暮らすことができましたが、
いきなり数千万なんて、出せるわけありません。
私のせいで、夫婦が老後のためにコツコツためたお金を
ふいにさせることなんてできません。
ぜったい、自分の力でなんとかしなきゃって思ったんです。

でもやっぱり20代の医者に数千万を工面することは
不可能でした。
仕方なく、親の老後の貯金やその他の方法により、
大学に返しました。

しかし、父ももう退職ですから、
できるだけ早く、返したかったんです。
自分で歩み出した茨の道なので、
誰にも迷惑かけたくなかった。

それで、通常の勤務、当直とは別に、
月に数日しかない休日を惜しんで、
個人でバイトに行ってたんです。
で、365日、年中無休…


でも、
さすがに、歪みがでてきました。。。


「死んだら楽なのかな…」
はさすがにまずい…
ってか、死んだら結局、
保証人に迷惑かかるじゃん・゚・(ノД`;)・゚・?!

(そろそろいつものぶぇぶぇ節)

というわけで、
ココロのカラダの叫びを無視できなくなった
ため、
死ぬまで働こうとする恐ろしい強迫観念
(たぶんほんとに病気に近い。医者としてそう思う…)
理性をもって、押さえ込み、
なんとか少しでも休養をとらせることを
ここに誓わせて頂きたく存じます。

(あ、やっといつものぶぇぶぇに戻れた。)




昨日今日コメしてくれた方、ホントにホントにありがとう。
昨日、当直で何度も呼ばれて、
その度にゾンビのようにぬぼ?っと仕事だけこなして、
合間、泣きながら寝てました。

朝起きて、コメント見て、泣きました。
言葉だけなのにこんなに嬉しいなんて。

「無理しないこと」を、頑張らないと、
と思いました。

   

FC2ブログランキング
banner2.gif

スポンサーサイト

Comments

苦しみ―…

気持ち、解ります。
私は、もう一度救命をやり直したくべく、無理を言い、大学病院に再度入職しました。でも、入職と同時に、母に左房粘液腫が見つかり、緊急入院にope、弟に知的障害があったため、施設の入所先確保、高度医療のための金銭面の確保、毎日、何も考えられないくらいに必死でした。事情を話しても、上司は

「自己責任」

と言うばかりで、休みもままならなく、仕事ばかりが溜まっていく。相談しても、自分でなんとかしろだった。私よりもキャリアが浅いスタッフばかりだったから、皆、ヘルプする余裕はなかったのだと思います。いつの間にか

『我慢せざるを得ない』

と弱音を吐く術を私は失った―…。そして起爆剤に引火し、うつ病を引き起こしました。

先生にはそうはなってほしくありません。私は、大学病院で教えていたレジデントや新人看護師の苦悩に手を差し伸べる余裕がなく、私と同じ思いをさせてしまった人が2人います。こんな思いは私だけで十分。
でも反対に、この苦しさは必ず糧になります。人の心の真実を知るための大切な宝に!
今は無理はしないで下さい。自分に素直に居てください。心身のシグナルに敏感になって。よく休んで下さい

おまけ

私のことばかり、長々書いてご免なさいm(__)m参考までにと思って。
軽ぅく流してもらって結構です

こんばんは。

そういう事情があったんですか。
ブログだけみてたら、頭が良くて美人でおしゃれで私が持っていないもの全部持っていて、うらやましく思っていました。
みんなそれぞれ大なり小なりしんどいこと背負ってるんですね。
今日はお家で寝ることできてますか?
少しでも身体を休めてくださいね。
何もぶぇぶぇ先生にできないけれど、
いつも気にかけていますよ。

ティキぽんさん。

ありがとう。
頑張る人ほど、悩み・苦労が多いものですよね。
ましてやうつは、頑張るひとの病気でもあります。
克服できて、よかったですね。
乗り越えたからこそいえることだとは思いますが、人生、山・谷がなければ成長できないんでしょうね。
共鳴・共感してくださる方々に、ブログを見ていただけてぶぇぶぇはシアワセモンです。

ゆかりさん。

昨日は、久々に、"死ぬほど" 眠りましたヽ( ´¬`)ノ
世の中にこれほどシアワセなことがあったかというくらい…
というわけで、けっこう回復ました!!
優しいおコトバ、身にしみます。
期待を裏切らないように、"ほどほど" に頑張りたいとおもいま~す!!

毎日働いているとそうなりますよね。
一喜一憂。
感情の起伏が激しいほど充実していると思います。波乱万丈はそんな感じですよね。
ぶぇぶぇ師匠はまさにそんな感じですかね。
後数年したら、取材くるかもですよ(笑)
少なくとも僕は師匠を尊敬してます。
お世辞ではなくて、本気で。

かつおくん。

ありがとう!!
けっこう、"ぶぇぶぇ師匠" っての気にってます♪
では、いつか波瀾万丈記を目指して(≧◇≦)!!

そうだったのですか

私も似たような経験があります。

出勤時や帰宅時に、訳もなく涙が出てきたり・・・。
涙は気持ちを楽にさせる効果もあるので、自分では疲労回復の自己治癒現象だと思っていました。

しかし、睡眠不足が何年も続いていたのが災いしました。
そのうち、体と心が軋み始め、伸びきった輪ゴムみたいになりました。
今は回復してきましたけど。

先生、今のうちにガス抜きしておいた方が良いですよ。無理しないで。
あ、でも若いから私のようなことはないと思います。
睡眠さえ取れれば大丈夫!!

houraisanさん

そーなんですよね。
私はまだ寝ることが楽しみだから救われてます☆
その睡眠さえとれればですが、、、( ̄□||||!!

・・・そうでした。
それが問題でした。。。

私は今は短時間の仮眠でも、リスミーの量を加減して飲んで寝るようにしています。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://aicopia.blog120.fc2.com/tb.php/92-a3bdc45d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。